根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質の動き-河川Radioactivity Dynamics in River System

(2015年 更新)

今後も大雨で水位が高くなるたびに、河川敷線量率は上昇するのではありませんか。<低水路高水敷の違い>

河川敷における線量率について、平面分布と断面分布を測定してみると、低水路線量率は低いですが、高水時後の高水敷は高くなることがあります。

高瀬川河川敷(高瀬橋付近)の線量率分布(上:平面分布、下:断面分布)

図1 高瀬川河川敷(高瀬橋付近)の線量率分布
(上:平面分布、下:断面分布)

河川敷における放射性セシウムの分布を調べるため、空間線量率(高さ1m)と表面線量率(高さ1cm)を測定しています。

  • 平面分布は、河川敷でのレクリエーション等生活圏における被ばく線量の試算等に用います。
  • 断面分布は、河川水位と放射性セシウムの移動・堆積の関係を把握するために用います。