根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質の動き-河川Radioactivity Dynamics in River System

(2015年 更新)

今後も大雨で水位が高くなるたびに、河川敷線量率は上昇するのではありませんか。<線量率の経時変化>

放射性セシウムが堆積しやすい場所は、表面線量率が増減しやすいものの、全体的に空間線量率は徐々に減少する傾向にあります。

  • 福島県・請戸川の調査事例で、比較的放射性セシウムを含む土砂が堆積しやすい場所では、表面線量率が増えたり減ったりしていますが、空間線量率に影響が及ぶ範囲はごく近傍の場所に限られています。
  • 上流から下流にかけて、全ての観測点において、空間線量率の平均値は時間とともに減少する傾向にあります。
  • 他の浜通り河川でも同様の傾向にあります。

請戸川の各調査地点における河川敷の平均空間線量率の経時変化

図1 請戸川の各調査地点における河川敷の平均空間線量率の経時変化


請戸川下流域(国道6号線請戸川橋付近)河川敷における線量率分布の時間変化

図2 請戸川下流域(国道6号線請戸川橋付近)河川敷における線量率分布の時間変化