根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質の動き-森林Radioactivity Dynamics in forests

(2020年 更新)

放射性セシウムが地表から地中、地下水へ移動する心配はありませんか。<地下水中の移動>

福島県及び周辺県のモニタリングでは、地下水には放射性セシウムは検出されていませんでした(2016(平成28)年11月調査時点)。

  • 地下水については、福島県を含む8県で延べ2,200回以上の調査が実施され、2011(平成23)年に放射性セシウムのうちセシウム134(134Cs)について1地点、セシウム137(137Cs)について2地点(いずれも福島県)において検出限界値である1Bq/L が検出されたのみで、2012(平成24)年度以降は全ての地点で検出されませんでした。

    出典(一部表現変更):環境省「水環境における放射性物質のモニタリング結果(平成26年末とりまとめ)」(平成27年3月)

  • また、2015(平成27)年度以降については、「地下水質のモニタリング調査における放射性物質の測定結果」より、福島県内のすべての調査地点において、放射性セシウム(134Csおよび137Cs)の継続的な測定が行われていますが、いずれも検出されていません。

    出典(一部表現変更):環境省「地下水質のモニタリング調査における放射性物質の測定結果(平成27年6月~8月分)について」、環境省「地下水質のモニタリング調査における放射性物質の測定結果(平成29年2月分)について」

福島県内における地下水質のモニタリング調査地

図1 福島県内における地下水質のモニタリング調査地