根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質・空間線量率Radioactivity and Air Dose Rate

(2017年 更新)

平たんな場所で、セシウムの量が減る以上に空間線量率が下がるのはなぜですか。

工事や耕作などによって乱されていない平たんな場所では、セシウムは横方向に動きにくくその場に留まります。セシウムは土に強くくっつきますが、土の中で時間とともに徐々に深さ方向に移動していきます。地中に浸透すると、土による放射線の遮へい効果が大きくなるため、地上に出てくる放射線が弱くなります。

  • 放射性セシウム沈着量の90%が含まれる深さL90%の経時変化

    図1 放射性セシウム沈着量の90%が含まれる深さ L90%の経時変化

    放射性セシウムのかなりの部分はまだ地表面から5cm以内に存在しています。

  • 放射性セシウムの浸透と空間線量率の減少の関係

    図2 放射性セシウムの浸透と空間線量率の減少の関係


    土による遮蔽効果の増加により、平坦地での空間線量率の減少が説明できます。