根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質の動き-河川Radioactivity Dynamics in River System

(2014年 更新)

雨が降ると湖底の底質が舞い上がって、水中の放射性セシウム濃度が高くなるのではありませんか。

出水時でも、ダム湖の下流側の流速は非常に遅いため、底質は湖底から舞い上がりにくいと考えられます。

  • 2014年10月の福島県大柿ダムの調査事例では、出水時に上流の湖底付近の流速が速くなります(図1・上部)が、下流では大きな流速の変化は認められませんでした(図1・下部)。
  • 濁度の変化をみると、水面付近の濁りは出水時の流入水の影響によるもので、底質の巻き上げの影響によるものではないと考えられます(図2)。

出水時の流速の鉛直方向分布

図1 出水時の流速の鉛直方向分布

出水時の濁度の鉛直方向分布

図2 出水時の濁度の鉛直方向分布