根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質・空間線量率Radioactivity and Air Dose Rate

(2020年 更新)

現時点の知識に基づけば、空間線量率はどのように変化すると想定されますか。【解析事例】

福島第一原子力発電所事故以降、さまざまな機関が、多様な測定手法を用いて空間線量率分布の調査を行ってきました。
これらの測定手法によって得られた異なる特徴をもつ空間線量率情報を統合することにより、対象領域全域に対して線量率の精度と空間分解能の高い空間線量率マップが作成できます。
統合マップの作成は、複数の空間線量率の値を階層ベイズ統計の方法を使ってコンピュータで推定していくものです。

この統合手法を用いることで、事故の影響を受けた広い地域において不均一な空間線量率の分布を高分解能で推定することができます。
航空機モニタリングの結果と比較すると系統的に高めに出ていた値が全体的に補正されるとともに、細かな分布状況が再現されます。

マップ統合イメージ

図1 マップ統合イメージ