根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

被ばく線量評価・除染Assessment of Exposure Doses and Decontamination

(2013年 更新)

飲料水の検査はどのように行われているのですか。その結果、どんなことがわかりましたか。

飲料水中(水道水、飲用井戸水)の放射性セシウム等の検査は福島県や各都道府県で実施されています。
最近の測定結果では、飲料水の基準値(10Bq/kg)を超える放射性セシウムは検出されていません。

  • 事故直後(2011.3.21)放射性ヨウ素の検出状況

    図1 事故直後(2011.3.21)放射性ヨウ素の検出状況

  • 現在の放射性セシウムおよび放射性ヨウ素の検出状況

    図2 現在の放射性セシウムおよび放射性ヨウ素の検出状況

※川内村は水道施設がありませんが、飲料水供給施設において定期的に検査を実施しています。双葉町水道水の供給は停止しています。

2011年5月5日以降、福島県食品生活衛生課が実施した県内の水道水放射性物質モニタリング検査においては、放射性ヨウ素及び放射性セシウムは検出されておりません。