根拠情報Q&A|答えます!みんなが知りたい福島の今|JAEA

放射性物質・空間線量率Radioactivity and Air Dose Rate

(2019年 更新)

放射性セシウムが付着している鉱物の種類は、どのように分析するのですか。

X線回折装置(XRD)等を用いて測定することで、鉱物の種類を同定することができます。

XRDの原理

XRDの原理

図1 XRDの原理
JAIMAウェブサイトより)

  • 原子が規則正しく並ぶ結晶が存在すると、特定の角度で試料にX線を当てた時に、X線が強く反射されます。
  • 角度は、X線の波長と原子が規則正しく並ぶ面の間隔で決まるので、強く反射される角度を調べることで、含まれる結晶の種類が分かります。

分析例 上流から海にわたる堆積物中の、粒の大きさごとの鉱物組成

図2 分析例 上流から海にわたる堆積物中の、粒の大きさごとの鉱物組成

  • XRDを用いて、河川水系の上流から下流、海にわたる堆積物の鉱物組成を分析しました。
  • その結果、河川水系の堆積物のうち、放射性セシウム濃度が比較的高い粘土分画(粒が細かいもの)には黒雲母などの粘土鉱物が多く含まれ、これらが強く放射性セシウムを吸着していることが分かりました。