業務概況

福島長期環境動態研究

環境動態研究

 山地森林に残っている放射性物質の水流や風による挙動(動態)について、現地調査や室内実験を行ってデータを取得し、生活圏や海に移動するプロセスを明らかにする研究に取り組んでいます。

環境動態研究

解析ツールの設備と成果情報の発信

 放射線計測や環境動態研究を通じて、将来の放射性物質の分布状況や被ばく線量の予測に用いる解析ツール(包括的評価システム)の整備し、研究開発の成果を科学的な裏付けに基づいた情報として発信します。

環境動態研究