廃炉国際共同研究センター

センター長挨拶

福島環境安全センター)センター長
廃炉国際共同研究センター(CLADS)センター長

岡本 孝司

福島第一原子力発電所事故は、安倍総理大臣がオリンピック招致演説で述べたように、安定状態にあり、アンダーコントロール状態にある。しかし、この状態を何十年も継続する事は危険であり、燃料デブリなどの極めて危険な放射性物質を処理し、処分する事が必須である。日本原子力研究開発機構(JAEA)は、放射性物質や原子力エネルギーを活用し、様々な工業利用、科学技術の発展に寄与してきた日本唯一の研究機関である。

福島第一原子力発電所の廃炉は、必ず遂行するべき課題であるが、非常に困難な課題である。例えば、極めて高い放射線環境下にある、原子炉周辺に存在する燃料デブリを安全に取出し、処理した後、安全に処分を行う事が必要である。試験管の中のような、実験室規模であれば、安全に燃料デブリの処理処分を行う事が出来る技術をJAEAは持っている。しかし、現場は極めて高い放射線環境下にある事や、原子炉3基分という大量の燃料デブリ処理などを考えると、実験室規模の技術をそのまま適用する事は出来ない。このために、様々な知見や経験をもとに、研究開発を進めることが必要になる。

世界を見渡すと、JAEAと同様に、ウランなどの燃料や放射性物質に関する経験を持つ研究所がある。アメリカ、イギリス、フランス、ロシアなど、核燃料や放射性物質に関する長年の経験を有している。JAEAと世界の研究所が協力する事で、福島の廃炉を安全に遂行する事が出来る事が期待されている。

CLADS(廃炉国際共同研究センター)は、名前に「国際共同」が入っているように、福島第一原子力発電所の廃炉に関する世界との連携を行うハブ(HUB)である。原子力や放射線の専門研究機関である原子力機構が中心となり、廃炉に関する様々な研究開発を進めていく。国内の他の研究機関や大学などとの連携協力を進めることで、福島の安全な廃炉に向けた研究開発を進めていく事が求められている。

CLADS英語名称の後半3字は、Advanced Decommissioning Science (先端廃炉科学)の頭文字である。福島だけではなく、チェルノブイリなど、事故を起こした世界中の困難な廃炉を研究する事によって、人類に貢献する事を目的としている。今まで人類が経験した事の無い、極めて困難でチャレンジングな研究対象である。世界と共同しながら、必ずや安全な廃炉を進めるべく、研究開発を進めている。

センター概要

廃炉国際共同研究センターの中核となる国際的な研究開発拠点「国際共同研究棟」を東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所(1F)近傍に整備し、国内外の大学、研究機関、産業界等の人材が交流できるネットワークを形成しつつ、産学官による研究開発と人材育成を一体的に進める体制を構築して、廃止措置を推進します。

組織図

組織図