研究開発技術の紹介

Sr、OBTの迅速分析法

環境試料中の放射性物質の核種やその量を把握することは、環境中へ放出された放射性物質による影響を評価するための基本データとして重要です。

福島環境安全センターでは、データの取得までに時間がかかる有機結合型トリチウム(以下、OBT:Organically Bound Tritium)及び放射性ストロンチウム(90Sr)について、簡易迅速な分析手法の開発および環境試料への適用に向けた取り組みを進めています。

OBT分析法の簡易、迅速化
ICP-MSを利用したSrの人サク分析法開発

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。