分析・研究施設について

施設管理棟

施設管理棟は、居室の他、事務室、会議室、ワークショップ等から構成され、第1棟、第2棟の円滑な設計、建設及び運用に資する施設で、放射性物質を取り扱いません。

1F関係者と密に協議し、施設整備、分析マニュアルの作成等を行う拠点として活用します。

施設管理棟を拠点として、これまでに得られた分析データの集約と1Fサイト内施設の状況等を把握し、分析データと施設情報を関連付けた解析を行います。また、1Fサイト内の情報を反映し、分析試料の適正な選択等を行い、廃炉工程における分析作業の効率化を図ります。

ワークショップには、工作機器や模擬鉄セル、グローブボックス、ヒュームフード等を設置し、分析作業のモックアップを行う場として活用します。また、分析技術者育成を目的に、マニプレータやグローブボックスにおける分析作業の手順を習熟するための訓練を実施します。

分析・研究施設第1棟

第1棟は、低・中線量のガレキ類、焼却灰、水処理二次廃棄物等の分析を鉄セル、グローブボックス、ヒュームフード等の分析設備を使用して行う施設で、現在建設中です。

分析・研究施設第2棟

※第2棟詳細設計中