廃止措置に向けた取り組みDECOMMISSIONING

廃止措置に向けた取り組み

平成29年度 第6回福島リサーチカンファレンス(FRC)
放射性セシウムの陸域環境や生態系における移行(第3回国際セシウムワークショップ) 開催のお知らせ

 東京電力ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所の廃止措置や事故後の環境影響評価については、原子力分野に限らず様々な専門分野の研究者が横断的に協力し、課題解決に向けて取り組むことが必要です。
 本カンファレンスでは、研究開発を進めていく上で重要な燃料デブリの性状把握、安定性の評価等について、国内外の専門家の講演、大学や企業の若手研究者から成る廃炉技術に関する“若手研究者の討論会”を通して、若手研究者の確保及び人材育成の促進を図ることを目的としています。
 今年度の第6回FRCは、福島の環境回復・復興の観点から、森林環境におけるセシウムの循環挙動、生物移行、および水系における溶存態セシウムの動態、陸水環境におけるセシウムの生物移行、および今後の動態研究に対する展望について意見交換を行います。

日時

平成30年3月4日(日)
  9時50分~14時00分(開場:9時30分)

場所

福島県環境創造センター 交流棟 ホール (入場無料)
〒963-7700 福島県田村郡三春町深作10-2
アクセス:こちら

   ※事前申込みはありません。当日、定員(200名)になり次第締切とさせていただきます。
   ※福島県主催(原子力機構共催)の第1回福島県環境創造シンポジウムも同時開催しています。

使用言語

日本語と英語(同時通訳付き)

ポスター

「放射性セシウムの陸域環境や生態系における移行(第3回国際セシウムワークショップ)」ポスター(PDF:1200KB)

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
福島研究開発部門 福島環境安全センター
電話番号:0247-61-2910

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。