廃止措置に向けた取り組みDECOMMISSIONING

廃止措置に向けた取り組み

平成30年度 第3回福島リサーチカンファレンス(FRC)
「原子力施設における遠隔技術」開催のお知らせ

 福島第一原子力発電所の廃止措置では、原子力分野に限らず多くの専門分野の研究者が横断的に協力し、課題解決に向けて取り組むことが必要です。
 そこで、課題の一つである「原子力施設における遠隔技術」について、国内外の研究者が最新の知見に関する意見交換を行い、今後の廃止措置研究の促進を図るため、国際カンファレンスを開催します。

主なテーマ

・原子力施設の廃止措置および災害対応に適用可能なロボット等遠隔操作技術
・原子力施設の廃止措置および災害対応に適用可能な遠隔計測技術
・シミュレーションや仮想化技術を含む操作訓練・試験法
・廃止措置での取組みや知見

日時

平成30年10月30日(火) 10時05分~17時00分(受付開始 9時30分)

場所

楢葉遠隔技術開発センター 研究管理棟 3階多目的室
〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1-22

アクセス

こちら
開始、終了の時刻にあわせてJR木戸駅-楢葉遠隔技術開発センター間の送迎を予定しております。詳細は追って掲載いたします。
※昼食について
 近隣に飲食店はありません。お弁当をご持参するか、または、参加登録よりお弁当をご注文ください。
 なお、お弁当代は有料(350円)となります。

使用言語

英語

参加登録(参加費無料)

ポスター発表および参加には事前の申込みが必要となります。 こちらの登録フォームに必要事項を記載頂き、以下の件名、アドレスにご転送ください。
  件名: registration
  E-mail: FRCinRTforNF2018@jaea.go.jp
参加登録期限: 平成30年10月16日(火)
なお、申し込みにつきましては先着順で受け付け、会場の収容人員に達し次第終了とさせていただきます。

ポスター発表の募集(無料)

本カンファレンスでは、原子力施設の廃止措置および災害対応に適用可能な遠隔技術やロボット技術に関する研究開発や事例等の情報共有と、技術者間の交流を目的としてポスター発表を開催いたします。
・内容
  A0縦サイズが貼付可能なボードを用意します。また、要旨(A4 1ページ)をご提出ください。
・ポスター発表登録方法
  参加登録よりご登録ください。
・要旨の提出
  使用言語:英語
  要旨フォーマット: こちら
  投稿期限: 10月16日(火)
  提出方法: 以下の件名、メールアドレスにご送信ください
  ファイル容量: 20Mbyte以下
  件名: abstract submission
  E-mail: FRCinRTforNF2018@jaea.go.jp

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)
福島研究開発部門 福島研究開発拠点 楢葉遠隔技術開発センター
E-mail:FRCinRTforNF2018@jaea.go.jp

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。