廃止措置に向けた取り組みDECOMMISSIONING

廃止措置に向けた取り組み

平成30年度 第2回福島リサーチカンファレンス(FRC)
1F事故の知見に基づく炉心溶融挙動の解明と燃料破損現象に関する国際セミナー
開催のお知らせ

 原子力損害賠償・廃炉等支援機構の戦略プランに基づき、東京電力福島第一原子力発電所からの燃料デブリ取出し工法の確定に向けて、原子炉容器内の燃料デブリの分布や性状及び各種の構造材等の破損状況の評価が進んでいます。今般、活用できる知見を全て集約した「炉内状況推定図」が取りまとめられ、今後は、廃炉関連技術の設計および進捗に向けて、現場データの活用などによる推定図の高精度化等の廃炉基盤研究が重要となり、これら廃炉基盤研究の推進には、適切な研究テーマの設定による人材育成と技術継承が不可欠となっています。
 本セミナーでは、国内外専門家の講演の場を設け、人材育成の一助とすることを目的としております。

日時

平成30年9月18日(火) 9時50分~12時00分(受付開始 9時30分)

場所

いわき産業創造館「LATOV」セミナー室
福島県いわき市平田町120番地 LATOV 6階
TEL:0246-21-7570
地図:こちら


使用言語

英語

講演内容

プログラム

参加費

無料

申込方法

参加申込み期限:平成30年8月15日(水)17時00分まで
申込みフォームをダウンロードし、必要事項を記入の上、下記のアドレスまでご返信ください。
申込みにつきましては、先着順で受け付け、会場の収容人員に達し次第終了とさせていただきます。
申込みフォーム
E-mail:FRCFD2018@jaea.go.jp

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)
福島研究開発部門 廃炉国際共同研究センター(CLADS) 研究推進室
〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方2番地4
FAX:029-282-6787
E-mail:FRCFD2018@jaea.go.jp

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。