環境モニタリングENVIRONMENTAL

環境モニタリング

放射性物質の長期的影響把握手法の確立

文部科学省 平成24年度委託調査 「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会」

目的

本事業は、文部科学省より委託を受け、東京電力株式会社福島第一原子力発電所周辺の空間線量率測定及び土壌への放射性物質の沈着量の詳細調査を実施するとともに、調査箇所周辺の環境における放射性物質の動態挙動を詳細に調査し、自然環境中における放射性物質の分布予測モデルを確立することで、将来における福島第一原子力発電所事故により放出された放射性物質の影響を予測する手法の確立を目指すものです。

議事要旨・議事録・配布資料

第3回、第6回、第7回ついては、「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会の運営について(平成24年8月10日)」の2.に基づき、非公開とさせていただきます。

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。