英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業

英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業
公募型研究に関するアンケート調査

文部科学省では、平成27年度から「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業(以下「本事業」という)」を実施し、東京電力福島第一発電所の廃炉等に向けた研究開発と人材育成に取り組んでおります。 平成30年度からは、本事業の運用主体を文部科学省から日本原子力研究開発機構廃炉国際共同センター(通称CLADS:Collaborative Laboratories for Advanced Decommissioning Science)に順次移行し、CLADSと大学等がより連携した研究開発と人材育成を継続的に実施しております。 本事業は今年度末で開始から5年を迎えるため、今後の公募の在り方について現在検討を行っております。研究者の皆様が募集しやすい公募とすべく、 アンケートをダウンロードの上、ご回答いただき、事務局宛てにEメールに回答を添付の上、ご返送くださいますようお願いいたします。

英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業公募型研究に関するアンケート(ダウンロード)
【別紙】英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業 事業・公募の概要について(ダウンロード)

回答返送先
(アンケート期間:令和元年11月27日(水)~令和元年12月10日(火))

本アンケートに関する事務局は、「公益財団法人 原子力安全研究協会」です。
本アンケートに関する手続き等に関しては、下記までお問い合わせください。
公益財団法人 原子力安全研究協会 研究支援部
TEL:03-6810-0415
e-mail:kenkyu※nsra.or.jp (※を@に換えてご利用下さい)
担当者:小野
受付時間:10:00 ~ 17:00(土、日、祝日を除く)