Q3-1-5 (2)
風が吹くと、森林から放射性セシウムが風に乗って飛散するのではないか。<風が通りやすい場所>

山間部で風が吹き抜けやすい林道付近においても、大雨や強風で空間線量率を上昇させるような飛散はみられていません。

  • 福島県川俣町の調査事例では、山間部で風の吹き抜けやすい林道付近においても、数日間にわたり最大で秒速10mを超える風が断続して吹いた場合でも、空間線量率の著しい増加はみられませんでした。
  • 川俣町の調査事例では、2時間で65.4 mmといった大雨が観測され、山間部の林道を濁流が流れる状態であっても、空間線量率の著しい増加はみられませんでした。

川俣町におけるにおける気象・空間線量率連続観測結果