Q3-1-1
放射性セシウムは、森林等からどれくらい放出され、海にどれくらい放出されているのか。

事故後の森林等への137Cs初期沈着量約370TBqのうち、海には1年間で約1TBqが放出されたと推定されます(請戸川・高瀬川の例)。

請戸川・高瀬川集水域と空間線量率(平成26年11月7日時点)

出典:1) 原子力規制庁委託事業「平成25年度東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」事業成果報告書, 2) Kurikami, H., et al., Sediment and (137)Cs behaviors in the Ogaki Dam Reservoir during a heavy rainfall event, Journal of Environmental Radioactivity, 137, 10-17, 2014, 3) 錦織達啓ほか, 林床被覆の違いが土壌浸食に伴う放射性セシウムの移動に及ぼす影響, 日本森林学会誌, 97, 63-69, 2015, 4) Yoshimura, K. et al., Evaluation of Radiocaesium Wash-off by Soil Erosion from Various Land Uses using USLE Plots, Journal of Environmental Radioactivity, 139, 362-369, 2015

参考文献

1) 日本原子力研究開発機構. “原子力規制庁委託事業「平成25年度東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」事業 成果報告書”. 2014.

2) Kurikami, H. at al., Sediment and 137Cs Behaviors in the Ogaki Dam Reservoir during a Heavy Rainfall Event, Journal of Environmental Radioactivity, vol.137, 2014, p.10-17.

3) 錦織達啓ほか, 林床被覆の違いが土壌浸食に伴う放射性セシウムの移動に及ぼす影響, 日本森林学会誌, vol.97, no.1, 2015, p.63-69.

4) Yoshimura, K. et al., Evaluation of Radiocaesium Wash-off by Soil Erosion from Various Land Uses using USLE Plots, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.362-369.