放射性核種と空間線量率

参考文献一覧

Q1-1-1 放出された放射性核種はどこにどれくらい沈着したのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “放射線量等分布マップの作成等に関する報告書(第1編)”. fnaa link
2 原子放射線の影響に関する国連科学委員会, 電離放射線の線源、影響およびリスク; UNSCEAR 2013年報告書, 第Ⅰ巻 国連総会報告書 科学的附属書A: 2011年東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響, United Nation, 2015, 306p. link
3 日本原子力研究開発機構, “放射線量等分布マップ拡大サイト”. link

Q1-1-2 大気中にどのような放射性核種がどれくらい放出されたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 UNSCEAR: Sources, Effects and Risks of Ionizing Radiation, UNSCEAR 2013 Report to the General Assembly with Scientific Annexes volume I Scientific Annex A, United Nations, 2014 link

Q1-2-2 放射性物質の分布状況は、時間とともにどのように変わってきたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “放射線量等分布マップの作成等に関する報告書(第1編)”. fnaa link
2 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link
3 原子力規制委員会, “平成27年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業成果報告書”. fnaa link

Q1-2-1 半減期から予想される以上に空間線量率が減少した攪乱のない平坦地では、放射性セシウムはどこに行ったのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link

Q1-3-1 将来の生活圏の空間線量率がどう減衰するのか予測できるか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link

Q1-3-2 生活環境における空間線量率は走行サーベイや定点での測定結果とどのような関係にあるのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会,“平成28年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業報告書”. link

Q1-3-3 森林内における空間線量率はどのように減少してきたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link

Q1-3-4 空間線量率の減少の特徴は。土地利用状況や人間活動等の影響はあるのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会,“平成28年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業報告書”. link

Q1-3-5 空間線量率の分布状況は時間とともにどのように変わってきたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会,“平成28年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業報告書”. link

Q1-4-1 得られた成果をどこで見ることができるか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 日本原子力研究開発機構, “航空機モニタリング報告書; 広域環境モニタリングのための航空機を用いた放射性物質拡散状況調査 報告書”. link
2 日本原子力研究開発機構, “放射線モニタリングデータの情報公開サイト”. link

Q1-4-2 地域に密着した分布マップ等をつくることはできないか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 日本原子力研究開発機構, “放射線モニタリングデータの情報公開サイト”. link

Q1-4-3 生活環境の空間線量率をリアルタイムで見ることはできないか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 日本原子力研究開発機構, “路線バス等を活用した福島県の空間線量率測定事業”. link

Q1-5-1 放射性物質の分布状況の調査はどのような方法で行われてきたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link

Q1-5-2 空間線量率の分布状況の調査はどのような方法で行われてきたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 なし

Q1-5-3 環境測定の信頼性はどのように確認されてきたのか。

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 Tsuda, S. et al, Characteristics and verification of a car-borne system for dose rate in air: KURAMA-II, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.260-265. jopss doi
2 Mikami, S. et al, In situ gamma spectrometry intercomparison in Fukushima, Japan, Japanese Journal of Health Physics, vol.50, no.3, 2015, p.182-188. jopss doi
3 原子力規制委員会, “放射線量等分布マップの作成等に関する報告書(第1編)”. fnaa link

福島周辺における大規模環境測定(1) −どのような測定が行われてきたか−

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “放射線量等分布マップの作成等に関する報告書(第1編)”. fnaa link
2 日本原子力研究開発機構, “平成23年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の第二次分布状況等に関する研究調査」 成果報告書」”, 2013. link
3 日本原子力研究開発機構, “平成24年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」成果報告書”. link
4 原子力規制委員会, “平成25年度東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立事業成果報告書”. link
5 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link
6 原子力規制委員会, “平成27年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業成果報告書”. fnaa link
7 Onda, Y. et al, Soil sampling and analytical strategies for mapping fallout in nuclear emergencies based on the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.300-307. doi
8 柴田特思ほか, 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う土壌汚染に関する文部科学省大規模調査プロジェクトに関する資料, RADIOISOTOPES , vol.62 , no. 10, 2013, p.704-818. link
9 Gamma-ray spectrometry in the environment. Issue 1, ICRU Report 53, International Commission on Radiation Units and Measurements, 1994, 84p.
10 Mikami, S. et al, In situ gamma spectrometry intercomparison in Fukushima, Japan, Japanese Journal of Health Physics, vol.50, no.3, 2015, p.182-188. jopss doi
11 Tanigaki, M. et al, Development of KURAMA-II and its operation in Fukushima, Nuclear Instruments & Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, vol.781, 2015, p.57-64. doi
12 Tsuda, S. et al, Characteristics and verification of a car-borne survey system for dose rates in air; KURAMA-II, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.260-265. jopss doi
13 Kobayashi, S. et al, Radioactive contamination mapping of northeastern and eastern Japan by a car-borne survey system, Radi-Probe, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.281-293. doi
14 大橋敏明, 走行サーベイシステムKURAMAの開発と応用 (3) - モニタリングカーによる避難区域内の定期的な走行サーベイ, 日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪, 2013-03-26/28.
15 Sanada, Y. et al, Aerial radiation monitoring around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant using an unmanned helicopter, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.294-299. jopss doi
16 眞田幸尚ほか, 平成26年度福島第一原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究), JAEA-Research 2015-006, 日本原子力研究開発機構, 2015, 81p. jopss doi
17 Malins, A. et al, Fields of view for environmental radioactivity. Proceedings of International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015-05-30/31, p.28-34. jopss link

福島周辺における大規模環境測定(2) −土壌沈着量の分布と経時変化−

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “放射線量等分布マップの作成等に関する報告書(第1編)”. fnaa link
2 日本原子力研究開発機構, “平成23年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の第二次分布状況等に関する研究調査」 成果報告書」”, 2013. link
3 日本原子力研究開発機構, “平成24年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」成果報告書”. link
4 原子力規制委員会, “平成25年度東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立事業成果報告書”.
5 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link
6 原子力規制委員会, “平成27年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業成果報告書”. fnaa link
7 Saito, K. et al, Detailed deposition density maps constructed by large-scale soil sampling for gamma-ray emitting radioactive nuclides from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.308-319. jopss doi
8 International Atomic Energy Agency, Generic procedures for assessment and response during a radiological emergency, IAEA-TECDOC-1162, International Atomic Energy Agency, 2000, 193p. link
9 Muramatsu, Y. et al, Analysis of I-129 in the soils of Fukushima Prefecture: preliminary reconstruction of I-131 deposition related to the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP), Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.344-350. doi
10 Mikami, S. et al, Spatial distributions of radionuclides deposited onto ground soil around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant and their temporal change until December 2012, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.320-343. jopss doi
11 Chino, M. et al, Utilization of 134Cs/137Cs in the environment to identify the reactor units that caused atmospheric releases during the Fukushima Daiichi accident, Scientific Report, vol.6, 2016, Article number: 31376. jopss doi
12 Yoshimura, k. et al, Evaluation of radiocaesium wash-off by soil erosion from various land uses using USLE plots, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.362-369. jopss doi
13 Matsuda, N. et al, Depth profiles of radioactive cesium in soil using a scraper plate over a wide area surrounding the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, Japan, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.427-434. jopss doi

福島周辺における大規模環境測定(3) −空間線量率の分布と経時変化−

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 原子力規制委員会, “放射線量等分布マップの作成等に関する報告書(第1編)”. fnaa link
2 日本原子力研究開発機構, “平成23年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の第二次分布状況等に関する研究調査」 成果報告書」”, 2013. link
3 日本原子力研究開発機構, “平成24年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」成果報告書”. link
4 原子力規制委員会, “平成25年度東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立事業成果報告書”.
5 原子力規制委員会, “平成26年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発事業成果報告書”. link
6 原子力規制委員会, “平成27年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約事業成果報告書”. fnaa link
7 復興庁, “放射線リスクに関する基礎情報”, 内閣府ほか, 2016-02, 44p. link
8 松田規宏ほか, 福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 (9)放射性セシウムの土壌中深度分布の経時的な変化の傾向, 日本原子力学会2015秋の大会, 静岡, 2015-09-09/11, L-09. jopss
9 Andersson, K.G. et al, Weathering of radiocaesium contamination on urban streets, walls and roofs , Journal of Environmental Radioactivity, vol.62, no.1, 2002, p.49-60. doi
10 吉田浩子ほか, 毎日測定で観察された空間線量率の低減傾向における季節変化, 日本原子力学会2015秋の大会, 静岡, 2015-09-09/11, L-06.
11 Kinase, S. et al, Prediction of ambient dose equivalent rates for the next 30 years after the accident, Proceedings of International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, Fukushima, 2015-05-30/31, p.40-43. jopss link

環境中における空間線量率測定の実際

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 日本規格協会, X線,γ線及びβ線用線量当量(率)サーベイメータ, JIS Z 4333:2014, 2014-03-20.
2 日本電気計測器工業会, “放射線測定器の性能チェックシート【改訂1】”, 2016-12-09. link
3 国民生活センター, “比較的安価な放射線測定器の性能”, 2011-12-20. link
4 国民生活センター, “比較的安価な放射線測定器の性能-第2弾-”, 2011-12-22. link
5 津田修一ほか, 走行サーベイシステムKURAMA-IIを用いた測定の基盤整備と実測への適用, JAEA-Technology 2013-037, 日本原子力研究開発機構, 2013, 54p. jopss doi
6 Tsuda, S. et al, Characteristics and verification of a car-borne system for dose rate in air: KURAMA-II, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.260-265. jopss doi
7 原子力安全技術センター, “緊急時モニタリング機材取扱いポケットブック”, 2013-04. link
8 Moriuchi, S. et al, A Spectrometric Method for Measurement of Low-level Gamma Exposure Dose, Health Physics, vol.12, no.4, 1966, p.541-551. jopss
9 堤正博ほか, 実効線量当量単位に対応したNaI(Tl)シンチレーション検出器のG(E)関数(スペクトル-線量変換演算子)の決定, JAERI-M 91-204, 日本原子力研究所, 1991, 152p. jopss doi
10 津田修一ほか,種々の大きさのCsI(Tl)シンチレーション検出器のγ線に対するスペクトル-線量変換演算子(G(E)関数)の計算と評価,保健物理, vol.47 no.4, 2012, p.260-265. jopss doi
11 高田真志ほか, ガンマ線サーベイメーターのエネルギー応答特性, 日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪, 2013-03-26/28, I22
12 日本原子力研究開発機構, “平成24年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」成果報告書”. link
13 Beck, H.L. et al, In Situ Ge(Li) and NaI(Tl) Gamma-ray Spectrometry, U.S. Atomic Energy Commision, HASL-258, 1972, 86p. doi link
14 Jacob, P. et al, Gamma-Ray Spectrometry in the environment, ICRU Report 53, Journal of the ICRU, vol.27, no.2, 1994. doi
15 原子力規制庁監視情報課, ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法, 放射能測定法シリーズ33, 2017. 158p. link
16 長岡鋭ほか, チェルノブイルにおける環境放射線調査, 保健物理, vol.31, no.1, 1996, p.63-68. jopss doi
17 Saito, K. et al, Detailed deposition density maps constructed by large-scale soil sampling for gamma-ray emitting radioactive nuclides from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.308-319. jopss doi
18 日本原子力研究開発機構, “平成23年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の第二次分布状況等に関する研究調査」 成果報告書」”, 2013. link
19 Arvela, H. et al, Mobile Survey of Environmental Gamma-Radiation and Fallout Levels in Finland after the Chernobyl Accident, Radiation Protection Dosimetry, vol.32, no.3, 1990, p.177-183.
20 坂本隆一ほか, 車載用γ線サーベイシステムの開発, 日本原子力学会誌, vol.41, no.3, 1999, p.258-265 jopss doi
21 京都大学原子炉実験所, “GPS連動型放射線自動計測システムKURAMA”. link
22 日本ナショナルインスツルメンツ株式会社,“CompactRIOプラットフォーム”. link
23 浜松ホトニクス株式会社, “放射線検出モジュールC12137”. link
24 Kobayashi, S. et al, Radioactive contamination mapping of northeastern and eastern Japan by a car-borne survey system, Radi-Probe, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.281-293. doi
25 菖蒲川由郷ほか, チーム毘沙門の南相馬市支援活動記録, 新潟県医師会報, no.771(平成26年6月別冊), 2014, p.2-8.
26 大橋敏明, 走行サーベイシステムKURAMAの開発と応用 (3) - モニタリングカーによる避難区域内の定期的な走行サーベイ, 日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪, 2013-03-26/28.
27 Andoh, M. et al, Measurement of air dose rates over a wide area around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant through a series of car-borne surveys, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.266-280. jopss doi
28 Sakamoto, R. et al, Conversion factors for a mobile survey method by car in the Chernobyl area, Radiation Protection Dosimetry, vol.106, no.2, 2003, p.165-175. jopss doi
29 原子力規制委員会, “総合モニタリング計画”, 2014-04-01. fnaa link link link link link link
30 原子力規制委員会, “放射線モニタリング情報”. link
31 文部科学省, “放射線量等分布マップ拡大サイト”. link
32 原子力規制委員会, “環境防災ネット”. link
33 福島県, “各種放射線モニタリング結果一覧”. link
34 福島県, “福島県放射能測定マップ”. link
35 日本原子力研究開発機構, “放射線モニタリングデータの情報公開サイト”. link
36 日本原子力研究開発機構, “路線バス等を活用した福島県の空間線量率測定事業”. link
37 日本分析センター, “日本の環境放射能と放射線”. link
38 SAFECAST link

4. 福島周辺における空間線量率分布の特徴

Document FNAA JOPSS DOI Link
1 大原利眞ほか, 福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の大気中の挙動, 保健医療科学, vol.60, no.4, 2011, p.292-299. link
2 Saito, K. et al, Detailed deposition density maps constructed by large-scale soil sampling for gamma-ray emitting radioactive nuclides from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.308-319. doi link
3 原子力規制委員会, “放射性物質の分布状況等に関する調査; 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された放射性物質の分布状況等に関する調査研究結果(第一次調査)”. link
4 文部科学省, “放射線量等分布マップ拡大サイト”. link
5 文部科学省, “警戒区域及び計画的避難区域における基礎データ収集モニタリング結果の公表について”, 2011-07-01. fnaa
6 日本原子力研究開発機構, “平成23年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の第二次分布状況等に関する研究調査」 成果報告書」”, 2013.
7 日本原子力研究開発機構, “平成24年度放射能測定調査委託事業「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」成果報告書”. link
8 日本原子力研究開発機構, “原子力規制庁委託事業「平成25年度東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」事業 成果報告書”, 2014. link
9 原子力規制委員会, “全国及び福島県の空間線量測定結果; 放射線量測定マップ”. link
10 Mikami, S. et al, The air dose rate around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant; Its spatial characteristics and temporal changes until December 2012, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.250-259. jopss doi
11 Andoh, M. et al, Measurement of air dose rates over a wide area around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant through a series of car-borne surveys, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.266-280. jopss doi
12 眞田幸尚ほか,平成25年度福島第一原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究), JAEA-Research 2014-012, 日本原子力研究開発機構, 2014, 110p. jopss doi
13 福島県, “福島県における自動車走行サーベイモニタリング”. link
14 京都大学原子炉実験所, “KURAMA-II実証試験”. link
15 日本原子力研究開発機構, “路線バス等を活用した福島県の空間線量率測定事業”. link
16 京都大学原子炉実験所, “GPS連動型放射線自動計測システムKURAMA”. link
17 Tanigaki, M. et al, Development of a car-borne γ—ray survey system, KURAMA, Nuclear Instruments & Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, vol.726, 2013, p.162-168. doi
18 津田修一ほか, 走行サーベイシステムKURAMA-IIを用いた測定の基盤整備と実測への適用, JAEA-Technology 2013-037, 日本原子力研究開発機構, 2013, 54p. jopss doi
19 Andersson K.G. et al, Weathering of radiocaesium contamination on urban streets, walls and roofs, Journal of Environmental Radioactivity, vol.62, no.1, 2002, p.49-60. doi
20 International Atomic Energy Agency, Environmental Consequences of the Chernobyl Accident and their Remediation: Twenty Years of Experience; Report of the Chernobyl Forum Expert Group ‘Environment’, STI/PUB/1239, International Atomic Energy Agency, 2006, 166p. link
21 Mikami, S. et al, Spatial distributions of radionuclides deposited onto ground soil around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant and their temporal change until December 2012, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.320-343. jopss doi
22 Muramatsu, Y. et al, Analysis of I-129 in the soils of Fukushima Prefecture: preliminary reconstruction of I-131 deposition related to the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP), Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.344-350. doi
23 Matsuda, N. et al, Depth profiles of radioactive cesium in soil using a scraper plate over a wide area surrounding the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, Japan, Journal of Environmental Radioactivity, vol.139, 2015, p.427-434. jopss doi
24 Sato, T. et al, Particle and Heavy Ion Transport Code System, PHITS, Version 2.52, Journal of Nuclear Science and Technology, vol.50, no.9, 2013, p.913-923. jopss doi
25 日本原子力研究開発機構, “福島第一原子力発電所事故に係る避難区域等における除染実証業務【除染技術実証試験事業編】報告書”, 2012, 124p. link
26 環境省, “除染モデル実証事業後の空間線量率の推移について”. link
27 三村竜二ほか, 可搬型放射線測定装置及びそれを用いた放射線測定方法, 公開特許公報, 特開2013-242180, 2013-12-05. link
28 日本原子力研究開発機構, “実践現場ニーズから生まれた可搬型平面ガンマ線分布計測装置「ガンマプロッターH」”. link
29 Kinase, S. et al, Development of Prediction Models for Radioactive Caesium Distribution within the 80-km Radius of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, Radiation Protection Dosimetry, vol.160, no.4, 2014, p.318-321. jopss doi