なぜ放射性セシウムを研究対象としたか

東京電力福島第一原子力発電所事故により、原子炉内で生成された放射性核種が福島県を中心とした広範な環境に放出され、今も多量の放射性核種が残っている。

これらの放射性核種ごとの被ばくに対する相対的な重要度を知る目的で、IAEA(国際原子力機関)が提案している方法を用いて、沈着濃度が最大の地点に人間が50年間立ち続けた場合という極端な条件下での被ばく線量が試算された。

その結果、他の放射性核種より半減期が長く、濃度が高い等の理由により、セシウムのうち時間とともに崩壊して放射線を発する「放射性セシウム」である「137Cs」及び「134Cs」が、他より被ばく線量に寄与することが推定された。

また、今後の被ばく線量評価や除染対策にはこれらの放射性核種に着目していく事が適切であるとされた。

これらのことから、環境動態研究では137Cs及び134Csを対象としている。

核種名 半減期 最大濃度(Bq/m2)※1 50年間の積算実効線量計算結果(mSv)
セシウム134(134Cs) 2.065年 1.4×107 710
セシウム137(137Cs) 30.167年 1.5×107 2,000
ヨウ素131(131I) 8.02日 5.5×104 0.015
ストロンチウム89(89Sr) 50.53日 2.2×104 0.00061
ストロンチウム90(90Sr) 28.79年 5.7×103 0.12
プルトニウム238(238Pu) 87.7年 4.0 0.027
プルトニウム239+240(239Pu+240Pu) 2.411×104 15.0 0.12
銀110m(110mAg) 249.95日 8.3×104 3.2
テルル129m(129mTe) 33.6日 2.7×106 0.6

※1:平成23年6月14日時点に放射能濃度を換算

同じ元素でも、構成粒子の量の違いにより質量(セシウムでは「134」や「137」)が異なるものがある。これらは、元素名の後に質量を表す数字を付した名称により区別される。

参考文献

文部科学省 原子力災害対策支援本部、農林水産省 農林水産技術会議事務局「『東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された放射性物質の分布状況等に関する調査研究結果」の簡略版について」,2012年3月13日