廃止措置に向けた取り組みDECOMMISSIONING

廃炉国際共同研究センター開所式

廃炉国際共同研究センターの開所式を行いました

 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構は平成27年4月20日、原子力科学研究所内情報交流棟におきまして、廃炉国際共同研究センターの開所式を行いました。
 廃炉国際共同研究センターは、文部科学省が昨年6月20日に公表した「東京電力(株)福島第一原子力発電所の廃止措置等研究開発の加速プラン」に基づき、産学官が一体となって世界の英知を結集し、 福島第一原子力発電所の廃炉に向けた研究開発及び人材育成に係る取組を加速できるよう設置されました。

 廃炉国際共同研究センターでは、加速プランの4つの柱である、
(Ⅰ)国内外の英知を結集する場の整備
(Ⅱ)国内外の廃炉研究の強化
(Ⅲ)中長期的な人材育成機能の強化
(Ⅳ)情報発信機能の整備
の実現に向け取り組んでまいります。

児玉理事長の挨拶
下村文部科学大臣によるご挨拶
小川廃炉国際共同研究センター長の挨拶

来賓のご挨拶

  • 茨城県 山口副知事
  • 福島県 近藤企画調整部長
  • 駐日フランス大使館 バレッツ特命全権大使代理
  • 駐日アメリカ合衆国大使館 ダイオカス特命全権大使代理
  • 駐日英国大使館 ホグベン特命全権大使代理
  • 一般社団法人日本電機工業会 海老塚専務理事
  • 東京電力㈱ 石崎代表執行役副部長
廃炉国際共同研究センター 看板掛けの様子
開所式の様子