廃止措置に向けた取り組みDECOMMISSIONING

廃炉に向けた耐放射線性センサー及び関連研究に関する国際ワークショップ(R2SRT2016)を開催

廃炉に向けた耐放射線性センサー及び関連研究に関する国際ワークショップ(R2SRT2016)を開催

 日本原子力研究開発機構 廃炉国際共同研究センター(CLADS)では、平成28年4月19日(火)及び20日(水)、福島県いわき市いわき産業創造会館(LATOV)において、「廃炉に向けた耐放射線性センサー及び関連研究に関する国際ワークショップ(R2SRT2016)」を開催しました。
 福島第一原子力発電所事故の廃炉作業では現場作業者の被ばく等のリスクを低減するため、遠隔技術が多く活用されています。このため、遠隔技術であるロボットや計測機器等の耐放射線の向上は、今後、ますます重要な課題となります。今回のワークショップでは、廃炉作業で用いられるロボット技術やセンサー技術の向上に必須な耐放射線性及び関連研究について議論を行いました。
 本ワークショップの目的は、廃炉作業の実務者と国内外研究者の情報の交流を活性化し連携を強化することで、廃炉作業を加速するとともに、関連する基礎基盤研究の促進を図ることです。 会議では「ロボット関連エレクトロニクス」、「廃止措置(廃炉)技術」、「新材料」、「革新概念 -スピントロニクス-」、「検知・検出技術」の5つのセッションに分けて議論が行われ、廃炉の現状と課題、最先端の基礎基盤研究が多数報告されました。その結果、宇宙事業や一般産業界を含む先端研究との更なる連携の重要性が認識されました。
 本ワークショップでは、18名の国内外の専門家のご講演を頂きました。また、参加者は海外の専門家(13名)及び外部機関等を含め延べ約100名の方々にご参加いただきました。

(掲載資料)
プログラム及び予稿集

ワークショップ参加者の集合写真