環境回復に向けた取り組みENVIRONMENTAL

環境回復に向けた取り組み

福島県から感謝状を受領

 原子力機構は、震災以降の福島県における取組みに対して、福島県知事より感謝状を受領しました。感謝状は、平成26年10月21日、福島県の長谷川生活環境部長が東京事務所に来訪し、松浦理事長に手交しました。
 震災から4年目を迎えましたが、福島県では今なお12万6千人の方々が県内外に避難中です。原子力機構は、福島県の更なる復興、避難されている方々の早期帰還に向けて、今後とも組織をあげて取り組んで参ります。

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。