環境回復に向けた取り組みENVIRONMENTAL

環境回復に向けた取り組み

放射性物質の長期的影響手法の確立 第5回 議事要旨・配布資料

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の
確立に向けた検討会(第5回)議事要旨

日時

平成24年12月10日(月) 13時30分~17時30分

場所

富国生命ビル 28階 第2会議室

議題

  1. 第3次分布状況調査の進捗状況の報告について
    1. 1.1 福島第一原子力発電所から80km圏内における空間線量率、放射性セシウムの沈着量の詳細な分布状況の把握、及びその変化傾向の確認について(台風期前の空間線量率及び放射性セシウムの沈着量の詳細な分布状況調査の結果について)
    2. 1.2 無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から3 km圏内の空間線量率及び放射性セシウムの沈着量の分布状況の把握、及びその変化傾向の確認について(平成24年度1回目の空間線量率及び放射性セシウムの沈着量の詳細な分布状況調査の結果について)
  2. 第3次分布状況調査の進捗状況について(※)
  3. その他(※)
    (※)議題2以降については、「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会の運営について(平成24年8月10日)」の2.に基づき、非公開とした。
    ・(「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会の運営について(平成24年8月10日)」の2.抜粋)
    (2) 測定対象地域の利益を害するおそれがある場合
    ※検証が終わっていない生データなど未成熟な情報や事実関係の確認が不十分な情報などを公にすることにより、国民の誤解や憶測を招き、風評被害など不当に測定対象地域の方の間に混乱を生じさせるおそれがある場合

出席者

■委員

百島委員長、池内委員、恩田委員、木名瀬委員、木村委員、安江(小山委員代理)、斎藤委員、下浦委員、鈴木委員、高橋委員、谷山委員、長岡委員、難波委員、久松委員、村松委員、吉田(聡)委員、吉田(浩)委員

■事務局

石田、松元、佐藤 他

■関係省庁

竹田、齊藤、西之園、本田(文科省) 他

お問い合わせ先

国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 福島技術本部
福島環境安全センター 松元、松田、佐藤あかね
TEL:03-3592-2111(代表)FAX:03-5157-1950 (受付時間 月~金曜日 9:00~17:00)

リンクは、PDFファイルを使用しております。PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフト Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。