お知らせINFORMATION

  • ホーム
  • お知らせ
  • 福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会(第5回)の開催について

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会(第5回)の開催について

1.日時

平成24年12月10日(月曜日)  13時30分~16時30分

2.場所

富国生命ビル28階 第2会議室 東京都千代田区内幸町2-2-2

3.議題

富国生命ビル23階 海洋共用会議室AB
東京都千代田区内幸町2-2-2

  1. 第3次分布状況調査の進捗状況の報告について
    1.1 福島第一原子力発電所から80km圏内における空間線量率、放射性セシウムの沈着量の詳細な分布状況の把握、及びその変化傾向の確認について(台風期前の空間線量率及び放射性セシウムの沈着量の詳細な分布状況調査の結果について)
    1.2 無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から3km圏内の空間線量率及び放射性セシウムの沈着量の分布状況の把握、及びその変化傾向の確認について(平成24年度1回目の空間線量率及び放射性セシウムの沈着量の詳細な分布状況調査の結果について)
  2. 第3次分布状況調査の進捗状況について(※)
  3. その他(※)

(※)議題2以降については非公開で行う。

(※)議題2以降については、「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会の運営について(平成24年8月10日)」の2.に基づき、非公開とさせていただきます。

・(「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立に向けた検討会の運営について(平成24年8月10日)」の2.抜粋) (2) 測定対象地域の利益を害するおそれがある場合
※検証が終わっていない生データなど未成熟な情報や事実関係の確認が不十分な情報などを公にすることにより、国民の誤解や憶測を招き、風評被害など不当に測定対象地域の方の間に混乱を生じさせるおそれがある場合

4.取材・傍聴

1.報道関係者の受付

傍聴を希望される方は、12月7日(金)15時までに、日本原子力研究開発機構・福島技術本部まで、FAX(03-5157-1950)にて、氏名と所属機関名を登録して下さい。

また、報道関係者は、原則として1社につき1人とし、入場の際には社名入り腕章を携帯して下さい。

2.一般傍聴希望者の受付

傍聴を希望される方は、12月7日(金)15時までに、日本原子力研究開発機構・福島技術本部まで、FAX(03-5157-1950)にて、氏名及び連絡先を明記の上、お申し込みください。また、当日は氏名を確認できるものを持参してください。

受付は、基本的に申し込み順としますが、多数の傍聴希望者があった場合には、会場の都合上抽選となる場合もあります。やむを得ず抽選でもれた方のみ、こちらから前日に連絡させていただきます。

お問い合わせ先:

国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構
福島技術本部 福島環境安全センター

松元、松田、佐藤あかね
TEL:03-3592-2111(代表)  FAX:03-5157-1950
(受付時間 月~金曜日 9:00~17:00)